「定期テストに強い塾」です。お電話やLINE、メールでのお問い合わせをお待ちしています。

吉根・志段味の「定期テストに強い塾」

中学生の1学期②

LIFE塾長
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
LIFE塾長
1986年5月12日生まれ。愛知県春日井市出身。 特技授業、趣味授業。 大学生時代も合わせて塾講師歴は12年。大学卒業後は有名ハウスメーカーに就職するも塾の先生の醍醐味を忘れられず、ある小さな学習塾の創業メンバーに仲間入り。8年間の教室長時代には、塾生の成績向上率95.7%、第一志望校合格率85%以上を維持して当時10教室の中で1位の教室を運営。新たな挑戦を決意して、2020年に進学塾LIFEを創業。 好きな言葉は「You're braver than you believe, and stronger than you seem, and smarter than you think.」

こんにちは、進学塾LIFE塾長の中村です。

 

(2)中2の1学期の学習ポイント

中2になりますと、

中1の内容がきちんと習得できているのかが

気になるところです。

英語と数学に関しては、

春の段階で復習をして

中1内容を完璧にしておきましょう。

中2の学習内容は

中1の内容を前提として進んでいくものが多いです。

中1の内容が曖昧だと

少しずつメッキが剥がれるごとく

成績が落ちていきます。

正確には

成績が落ちていくというより、

もともとの成績が露わになっていく感じです。

中1内容というのは、

実はあまり理解していなくても、

量をこなしていれば

なんとかテストでも点数が取れてしまったりします。

しかし、

中2内容になると、

英語が代表格ですが、

きちんと理解をもって習得していないと、

なぜかできなくなってきます。

高得点は取りにくくなります。

ですから、

早くて中2の1学期期末、

遅くて中2の2学期中間、

このあたりで成績がガクッと下がった、

もしくは生成が上がらなくなったら、

かなり危険な状況です。

注意してください。

なるべく春の内に修復活動をしておきましょう。

 

また、

中2は中だるみの時期です。

勉強に最も手を抜きがちになります。

そんな時期も必要という意見もありますが、

そんな時期だからこそ、

逆に今までより気合いを入れましょう。

ライバルに差をつける最大のチャンスです。

前にも書いていますが、

勉強でライバルに勝つ最大のチャンスは

「ライバルが勉強していないときに勉強する」

です。

中2の人は中2の内が勝負です。

 

(次回へ続く)

この記事を書いている人 - WRITER -
LIFE塾長
1986年5月12日生まれ。愛知県春日井市出身。 特技授業、趣味授業。 大学生時代も合わせて塾講師歴は12年。大学卒業後は有名ハウスメーカーに就職するも塾の先生の醍醐味を忘れられず、ある小さな学習塾の創業メンバーに仲間入り。8年間の教室長時代には、塾生の成績向上率95.7%、第一志望校合格率85%以上を維持して当時10教室の中で1位の教室を運営。新たな挑戦を決意して、2020年に進学塾LIFEを創業。 好きな言葉は「You're braver than you believe, and stronger than you seem, and smarter than you think.」

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 吉根・志段味の進学塾LIFE , 2020 All Rights Reserved.