「定期テストに強い塾」です。お電話やLINE、メールでのお問い合わせをお待ちしています。

吉根・志段味の「定期テストに強い塾」

小学生の授業の流れ

LIFE塾長
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
LIFE塾長
1986年5月12日生まれ。愛知県春日井市出身。 特技授業、趣味授業。 大学生時代も合わせて塾講師歴は12年。大学卒業後は有名ハウスメーカーに就職するも塾の先生の醍醐味を忘れられず、ある小さな学習塾の創業メンバーに仲間入り。8年間の教室長時代には、塾生の成績向上率95.7%、第一志望校合格率85%以上を維持して当時10教室の中で1位の教室を運営。新たな挑戦を決意して、2020年に進学塾LIFEを創業。 好きな言葉は「You're braver than you believe, and stronger than you seem, and smarter than you think.」

こんにちは、進学塾LIFE塾長の中村です。

今回は小学生の授業の流れをご紹介します。

〈概要〉

①小学生は算数と国語の2教科が基本受講コースです。

②1回60分の授業を週に2回受講して頂きます。

③16時~17時、17時~18時の2つの枠のどちらかで受講できます。

〈授業の流れ〉

塾に来たらまずは宿題をチェック!

小学生の宿題は前回の授業の残りや復習内容です。量としてはテキストの見開き1ページ程度です。

宿題忘れがある場合はこの宿題を済ませるところから始まります。

授業が滞りますので居残り時間が発生します。

この時点で親御さんに居残りの旨を連絡致します。

宿題が終わったらその日の授業に移ります。

もし、宿題と別に確認テストがある場合はここで実施します。確認テストに不合格の場合は居残り、もしくは次回再テストです。

算数の場合は学校の進行具合に合わせて単元を進めます。学校の進行スピードよりやや早めに進めていくイメージです。

国語の場合は学校の教科書とは別の内容の読解問題を進めます。学校では精読の割合が多いため、塾では多読の割合を多めにしています。

算数と国語は交互に行いますが、生徒の学習状況に合わせてどちらかを重視する場合もあります。

算数の既習部分と国語は最初から生徒に演習してもらいます。1ページ程度の標準レベルの問題です。

演習が終わり次第、講師が採点をします。

間違った部分はすぐに模範解答を教えるのではなく、ひとまず生徒にもう一度考えてもらい、解き直してもらいます。

自分で解き直せれば次に進みますが、そうでなければヒントを段階的に提示します。少しでも自分で正解に辿り着くことを優先しています。

授業終了の5分前には、その日の分の宿題を提示します。

進捗具合が遅い場合は親御さんとの相談の上、どこかで居残りや補習を組み、フォローします。

以上が小学生コースの大まかな授業の流れです。

学校のテストがあれば、

理科や社会も含めて別途テスト対策をします。

「小学生コース」のページも参照してもらえると

よりわかりやすいです。

この記事を書いている人 - WRITER -
LIFE塾長
1986年5月12日生まれ。愛知県春日井市出身。 特技授業、趣味授業。 大学生時代も合わせて塾講師歴は12年。大学卒業後は有名ハウスメーカーに就職するも塾の先生の醍醐味を忘れられず、ある小さな学習塾の創業メンバーに仲間入り。8年間の教室長時代には、塾生の成績向上率95.7%、第一志望校合格率85%以上を維持して当時10教室の中で1位の教室を運営。新たな挑戦を決意して、2020年に進学塾LIFEを創業。 好きな言葉は「You're braver than you believe, and stronger than you seem, and smarter than you think.」

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 吉根・志段味の進学塾LIFE , 2020 All Rights Reserved.