「定期テストに強い塾」です。お電話やLINE、メールでのお問い合わせをお待ちしています。

吉根・志段味の「定期テストに強い塾」

音を大事にする。

LIFE塾長
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
LIFE塾長
1986年5月12日生まれ。愛知県春日井市出身。 特技授業、趣味授業。 大学生時代も合わせて塾講師歴は12年。大学卒業後は有名ハウスメーカーに就職するも塾の先生の醍醐味を忘れられず、ある小さな学習塾の創業メンバーに仲間入り。8年間の教室長時代には、塾生の成績向上率95.7%、第一志望校合格率85%以上を維持して当時10教室の中で1位の教室を運営。新たな挑戦を決意して、2020年に進学塾LIFEを創業。 好きな言葉は「You're braver than you believe, and stronger than you seem, and smarter than you think.」

音を軽んじる人は筆記に影響します。

平仮名や漢字もそうですが、

音が分からないものは、

覚えにくく書きにくいです。

中学生で途中入塾した生徒に多いですが、

英単語の発音が怪しい人が多くいます。

例えば、

busy「忙しい」の発音は[bízi]なので、

カタカナ表記するなら、ビジーですが、

バジーとかブジーと発音している中学生は意外に多いです。

音が分からない状況だと、

新しい学習指導要領でも重視している

リスニングやスピーキングに影響し、

正しく聞いたり、話したりすることが難しくなります。

また、

音が分からなかったり、音に自信がないと、

筆記にも影響し、

覚えにくくなり、暗記の弊害にもなります。

生徒にもよく言いますが、

よーく音を聞くことが重要です。

初めは難しくても、

英語の音の特徴が段々とわかってきます。

普段の授業から、

音に注意してみてください。

不慣れな内は、

英単語にカタカナ表記の音を書いて

忘れないようにする工夫が必要です。

この記事を書いている人 - WRITER -
LIFE塾長
1986年5月12日生まれ。愛知県春日井市出身。 特技授業、趣味授業。 大学生時代も合わせて塾講師歴は12年。大学卒業後は有名ハウスメーカーに就職するも塾の先生の醍醐味を忘れられず、ある小さな学習塾の創業メンバーに仲間入り。8年間の教室長時代には、塾生の成績向上率95.7%、第一志望校合格率85%以上を維持して当時10教室の中で1位の教室を運営。新たな挑戦を決意して、2020年に進学塾LIFEを創業。 好きな言葉は「You're braver than you believe, and stronger than you seem, and smarter than you think.」

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 吉根・志段味の進学塾LIFE , 2020 All Rights Reserved.