「定期テストに強い塾」です。お電話やLINE、メールでのお問い合わせをお待ちしています。

吉根・志段味の「定期テストに強い塾」

頑張れる環境⑤

LIFE塾長
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
LIFE塾長
1986年5月12日生まれ。愛知県春日井市出身。 特技授業、趣味授業。 大学生時代も合わせて塾講師歴は12年。大学卒業後は有名ハウスメーカーに就職するも塾の先生の醍醐味を忘れられず、ある小さな学習塾の創業メンバーに仲間入り。8年間の教室長時代には、塾生の成績向上率95.7%、第一志望校合格率85%以上を維持して当時10教室の中で1位の教室を運営。新たな挑戦を決意して、2020年に進学塾LIFEを創業。 好きな言葉は「You're braver than you believe, and stronger than you seem, and smarter than you think.」

こんにちは、進学塾LIFE塾長の中村です。

 

成績を上げるコツの一つに、

「当たり前のことを当たり前にこなす」

があります。

私は常に生徒たちにいくつかのルールを課します。

「遅刻はしない」

「忘れ物はしない」

「宿題は期日までに終わらせる」

「授業中におしゃべりはしない」

「授業中にスマホは触らない」

「確認テストは期日までに勉強してくる」

「挨拶を欠かさない」

これらを守らない場合は叱られるし、居残りや追試が待っている。

このようなことはどれも普通だと思いますが、

意外にそうでもない場合があるようです。

過去にも、

他塾から移ってきた生徒に、

「宿題を忘れて初めて注意されました。」

とか、

「確認テストに合格しなくて初めて叱られた。」、

「学校では何にも言われない。」

と言われたことが何度もあります。

逆に自分の感覚が狂っているのかと錯覚してしまうほどです。

前述したルールはルールというほどのものではなく、

学校の成績上位陣や優秀だと言われている生徒は誰もが当然のごとく実行しています。

また、

私は学習塾の講師ですから、子供たちの成績を向上させるのが役目ですが、

同時に、

子供たちには一人の立派な人間に育って欲しいとお節介にも思っています。

とすれば、

前述したような当たり前の行為が当たり前にできないことでは、

一般社会で通用せず、困ってしまうのは子供たち自身なのではないでしょうか。

 

「この塾に通っていれば大人になっても大丈夫な気がする(笑)」

と意味深なことを言っていた生徒がいましたが、

頑張れる環境には当たり前の環境があるだけです。

この記事を書いている人 - WRITER -
LIFE塾長
1986年5月12日生まれ。愛知県春日井市出身。 特技授業、趣味授業。 大学生時代も合わせて塾講師歴は12年。大学卒業後は有名ハウスメーカーに就職するも塾の先生の醍醐味を忘れられず、ある小さな学習塾の創業メンバーに仲間入り。8年間の教室長時代には、塾生の成績向上率95.7%、第一志望校合格率85%以上を維持して当時10教室の中で1位の教室を運営。新たな挑戦を決意して、2020年に進学塾LIFEを創業。 好きな言葉は「You're braver than you believe, and stronger than you seem, and smarter than you think.」

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 吉根・志段味の進学塾LIFE , 2020 All Rights Reserved.