「定期テストに強い塾」です。お電話やLINE、メールでのお問い合わせをお待ちしています。

吉根・志段味の「定期テストに強い塾」

高校生の勉強計画①

LIFE塾長
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
LIFE塾長
1986年5月12日生まれ。愛知県春日井市出身。 特技授業、趣味授業。 大学生時代も合わせて塾講師歴は12年。大学卒業後は有名ハウスメーカーに就職するも塾の先生の醍醐味を忘れられず、ある小さな学習塾の創業メンバーに仲間入り。8年間の教室長時代には、塾生の成績向上率95.7%、第一志望校合格率85%以上を維持して当時10教室の中で1位の教室を運営。新たな挑戦を決意して、2020年に進学塾LIFEを創業。 好きな言葉は「You're braver than you believe, and stronger than you seem, and smarter than you think.」

こんにちは、進学塾LIFE塾長の中村です。

 

先日、

新高1生になる生徒がこんなことを言っていました。

 

「高校生になっても普段から五教科全部を勉強して頑張ります!」

 

はい。

その意気込みは素晴らしいです。

しかし、

塾の先生としてこんなことを言うのは心苦しいですが、

おそらく無理です。

(生徒には無理と言うなとよく言うだけにすみません。)

高校生には高校生の勉強の仕方があります。

すべてを中学生のモノサシで考えていると、

あらゆる点で不都合が生じます。

今回はそんな話をしましょう。

 

(1)どの高校も課題が多い

すべての高校を調べたわけではありませんが、

愛知県の高校では私立でも公立でも

毎授業、もしくは毎週末、

課題という名の宿題が出されます。

これが予想しているより多い場合がほとんどです。

学校によっては、

入学初日から大量の課題が出されて、

「これからしばらく、君たちは寝ることができません。」

などと言われます(生徒からの実話)。

特に中堅クラスの高校で多い印象ですね。

上位の高校になると放任主義の場合もありますが、

それでも昔に比べると課題の量は多いです。

課題が多いと生徒たちは課題に忙殺されます。

その課題をきちんとした方法で身になる形で処理できていればいいですが、

ただ単に終わらせるだけになっていると事態は最悪です。

課題はこなすけど何も覚えていない、

テストのときはできるけどすぐに忘れる、

塾に通っているけど塾のカリキュラムを消化できない、

などなど。

多くの悩みを抱えることになります。

 

解決方法は、

課題を活用することです。

どちらにしても課題は進級に関わりますから、やらないという選択肢はありません。

ならば、

答えの丸写しや、むやみに解くだけで終わらせることなく、

きちんと課題をこなして実力を養いましょう。

課題の多くは英語や数学、国語ですから、

大学入試を見据えた場合に

ほとんどの高校生にとって無駄にはなりません。

 

(次回へ続く)

この記事を書いている人 - WRITER -
LIFE塾長
1986年5月12日生まれ。愛知県春日井市出身。 特技授業、趣味授業。 大学生時代も合わせて塾講師歴は12年。大学卒業後は有名ハウスメーカーに就職するも塾の先生の醍醐味を忘れられず、ある小さな学習塾の創業メンバーに仲間入り。8年間の教室長時代には、塾生の成績向上率95.7%、第一志望校合格率85%以上を維持して当時10教室の中で1位の教室を運営。新たな挑戦を決意して、2020年に進学塾LIFEを創業。 好きな言葉は「You're braver than you believe, and stronger than you seem, and smarter than you think.」

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 吉根・志段味の進学塾LIFE , 2020 All Rights Reserved.